夢想華のひとりごと

   夢を想い咲かせる華を言の葉にのせて綴ります。
   現在、過去、未来、時々の夢想華の心に生まれた「声」ひとりごと。
   日々眼に飛び込んでくる光景、ときに切なく、ときに ほのぼのと
   はっ!としたり、ほっ!としたり、ほろりとしたり。
   あなたの心に響き、届きますように。

   ☆私が今、こう在りたいとの願いのような言葉を見つけました☆

   神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に
   変えられることは変える勇気と、そしてそのちがいが分かるだけの
   知恵をお与え下さい。        【マイケル・J・フォックス】

                       2004.08.28 Saturday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
雪灯篭
街の隅々の塵を隠し
人々の心に棲む
邪心をも覆い隠し
真っ白に清め尽した
予期せぬ降雪

新年を迎えるに
ふさわしきの如く
一年の穢れを清め
師走の闇を照らす
雪灯かり

数時間後には鳴り響く
除夜の鐘
今、ひと時の静寂
境内をひときわ照らし
来る年を待つ

雪灯かり
| 夢想華 | 四季移ろいの詩 | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:36 | - | - |









http://snoopy101.jugem.jp/trackback/109
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE