夢想華のひとりごと

   夢を想い咲かせる華を言の葉にのせて綴ります。
   現在、過去、未来、時々の夢想華の心に生まれた「声」ひとりごと。
   日々眼に飛び込んでくる光景、ときに切なく、ときに ほのぼのと
   はっ!としたり、ほっ!としたり、ほろりとしたり。
   あなたの心に響き、届きますように。

   ☆私が今、こう在りたいとの願いのような言葉を見つけました☆

   神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に
   変えられることは変える勇気と、そしてそのちがいが分かるだけの
   知恵をお与え下さい。        【マイケル・J・フォックス】

                       2004.08.28 Saturday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
元旦の詩
底冷えのする真夜中
コツコツ コツコツ
と、聞こえてくる足音
屋内の私の耳にまで響いてくる
いつもなら不気味なだけの音
だけど今日は気に成らない

疎らだが途絶える事無く
コツコツ コツコツ
と、聞こえてくる足音
ご近所さん皆一様に初詣で
吸い寄せられるように
鎮守様へと向かう足並み

ふと我が家の前で停まった足音
微かに聞こえてくる話し声
深夜を気遣っているのだろう
姿こそ見えぬが思い遣りの心
感じる事は出来る
悲惨に過ぎた刻をひと時忘れ

年頭に交わし合う言葉も
一様に
明けまして
おめでとうございます
今年もどうぞ
宜しくお願い致します

と、挨拶済ませ其々家路へ
| 夢想華 | 四季移ろいの詩 | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:26 | - | - |









http://snoopy101.jugem.jp/trackback/110
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE