夢想華のひとりごと

   夢を想い咲かせる華を言の葉にのせて綴ります。
   現在、過去、未来、時々の夢想華の心に生まれた「声」ひとりごと。
   日々眼に飛び込んでくる光景、ときに切なく、ときに ほのぼのと
   はっ!としたり、ほっ!としたり、ほろりとしたり。
   あなたの心に響き、届きますように。

   ☆私が今、こう在りたいとの願いのような言葉を見つけました☆

   神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に
   変えられることは変える勇気と、そしてそのちがいが分かるだけの
   知恵をお与え下さい。        【マイケル・J・フォックス】

                       2004.08.28 Saturday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
春告げの謡 
そっと耳を澄ましてごらん
ほら聞こえて来るでしょ
さわさわ流れる森のうた

もっと耳を澄ましてごらん
ねぇ聞こえて来たでしょ
目覚めたばかりの雪解けのうた

みんな春のやさしい囁きを
首を長くし 今か今かと
待ち侘びていたんだね

ほら雪の下からも
寝ぼけ眼で恥ずかしそうに
小さな木の芽が顔出し覗いているよ

もぉーいいかい
と、
森の妖精は謡い問いかけしているよ

もぉーいいよ
と、
春もやさしく謡ってお返事しているよ
| 夢想華 | 四季移ろいの詩 | 02:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:18 | - | - |









http://snoopy101.jugem.jp/trackback/141
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE