夢想華のひとりごと

   夢を想い咲かせる華を言の葉にのせて綴ります。
   現在、過去、未来、時々の夢想華の心に生まれた「声」ひとりごと。
   日々眼に飛び込んでくる光景、ときに切なく、ときに ほのぼのと
   はっ!としたり、ほっ!としたり、ほろりとしたり。
   あなたの心に響き、届きますように。

   ☆私が今、こう在りたいとの願いのような言葉を見つけました☆

   神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に
   変えられることは変える勇気と、そしてそのちがいが分かるだけの
   知恵をお与え下さい。        【マイケル・J・フォックス】

                       2004.08.28 Saturday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
一夜の花
たった一夜、夏の日暮れとともに
あなたに逢うためだけに
静かにこの身をほぐし咲く
そう、わたしの名前は月下美人

蚕が繭となり優しく紡がれて
花嫁を飾る白無垢に仕立てられ
それを纏ってあなたの眼に
曝される時を待つ白絹のように
あなたとの僅かな逢瀬の時を待つ
そう、わたしの名前は月下美人

一年一度一夜だけ花に姿を変えて
あなたに逢うだけに咲く 命の花

わたしは月下美人の生まれ変わり
それとも月下美人がわたしの
生まれ変わりなのかしら

ねえ、教えて
あなたはどちらだと想っているの
わたしが花 花がわたし
あなたはどちらを求めているのかしら

花ですか それともわたし なのかしら

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

月下美人の花言葉 「 はかない美・はかない恋・繊細・快楽 」
| 夢想華 | 花言葉詩集 | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:51 | - | - |









http://snoopy101.jugem.jp/trackback/240
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE