夢想華のひとりごと

   夢を想い咲かせる華を言の葉にのせて綴ります。
   現在、過去、未来、時々の夢想華の心に生まれた「声」ひとりごと。
   日々眼に飛び込んでくる光景、ときに切なく、ときに ほのぼのと
   はっ!としたり、ほっ!としたり、ほろりとしたり。
   あなたの心に響き、届きますように。

   ☆私が今、こう在りたいとの願いのような言葉を見つけました☆

   神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に
   変えられることは変える勇気と、そしてそのちがいが分かるだけの
   知恵をお与え下さい。        【マイケル・J・フォックス】

                       2004.08.28 Saturday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
さくらのひとりごと



 三月二十三日 (はれ)

あらやだわぁ
わたしって
なんてせっかちなのかしら
空が もう良いよって
真っ青な 大きな画用紙
ひろげてくれたから
待ちきれなくて うれしくて
咲いてしまったわ
ちょっと早すぎたのかしら
みんなさん
足並み揃えられなくて
ご免遊ばせ


 三月二十四日 (花曇)

うぅー寒い・・・
やっぱり
ちょっと早すぎたみたい
わたし あわてんぼうだったのね
でもお陰で
みんなが咲くまで
待っていられそうだわ
ほんとうはわたしも
一緒に咲きたかったのよ
だから早く咲いて欲しいなぁ
そして
みんな揃って春の詩
謡いたいなぁ
| 夢想華 | 四季移ろいの詩 | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:24 | - | - |









http://snoopy101.jugem.jp/trackback/251
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE