夢想華のひとりごと

   夢を想い咲かせる華を言の葉にのせて綴ります。
   現在、過去、未来、時々の夢想華の心に生まれた「声」ひとりごと。
   日々眼に飛び込んでくる光景、ときに切なく、ときに ほのぼのと
   はっ!としたり、ほっ!としたり、ほろりとしたり。
   あなたの心に響き、届きますように。

   ☆私が今、こう在りたいとの願いのような言葉を見つけました☆

   神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に
   変えられることは変える勇気と、そしてそのちがいが分かるだけの
   知恵をお与え下さい。        【マイケル・J・フォックス】

                       2004.08.28 Saturday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
出逢って別れて・・・
いまだ外せぬ
壁に掛けられたままの
思い出深い
一枚の写真

みんな笑ってる

誰も知らない
二人の関係
さり気なくあなたは
わたしの真後ろで

笑っている

あなたとわたし
初めて触れ合い
こころ通わせた年
結して消える事のない

大切な瞬間

この世に
たった一枚だけ
初めてふたり一緒の
思い出捉(とら)えた

記念写真


出逢って七年
別れて三年
なぜ来れなかったの
あの日と変わらない笑顔

待っていたのに

わたしの傍(かたわら)で
笑ってるあなたが
映らない写真なんて
要らない

残したくなかった・・・
| 夢想華 | 夢想華の詩 | 06:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:02 | - | - |









http://snoopy101.jugem.jp/trackback/291
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE