夢想華のひとりごと

   夢を想い咲かせる華を言の葉にのせて綴ります。
   現在、過去、未来、時々の夢想華の心に生まれた「声」ひとりごと。
   日々眼に飛び込んでくる光景、ときに切なく、ときに ほのぼのと
   はっ!としたり、ほっ!としたり、ほろりとしたり。
   あなたの心に響き、届きますように。

   ☆私が今、こう在りたいとの願いのような言葉を見つけました☆

   神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に
   変えられることは変える勇気と、そしてそのちがいが分かるだけの
   知恵をお与え下さい。        【マイケル・J・フォックス】

                       2004.08.28 Saturday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
霜降華 (習作)



人目に付かぬ原っぱ
ぽつりと生えた草
花を咲かすこともなく
名前さえ知られることなく
時には踏みつけられ
じっと痛みに耐えもしたでしょう

そんな素朴な草にも
たった、ひとつだけ
可愛い夢がありました
一度で良いから
小さくてもいいから
花を咲かせてみたかった

ある寒い朝のことでした

ささやかな草の想いが
天に通じたのでしょう
一夜明けた草は
小さな愛らしき花に姿変え
陽の光を浴び
キラキラと輝いていた

冬がくれた贈り物

まるで細雪にでも
化粧施されたような
白い白い花となりました
ほんの一瞬の姿だけど
自然界が齎した悪戯
真冬が叶えた夢衣装

ふと、眼を留めた人影

いつまでも見つめていたい
触れてしまったら
溶けてしまいそうな
その愛らしさも
春が来たら消え往く
ひとときの幻想花


一瞬のわたしのおめかし
見つけてくれた
こころ優しきあなたへ
もうすぐ春が訪れます
見つめてくれたあなたとの
別れの季節の声が聞こえます

でも、また冬が来て
大地に霜が降りたなら
もしも忘れてなかったら
ちょっと早起きして
わたしを探してくださいね
きっと、逢いにきてくださいね

覚えていて欲しい
霜降る里にそっと咲き
清んだ人のこころ引き寄せ
見られることの幸せ感じ
静かな大地に溶け込み
その身を花に化し咲く

わたしのなまえは霜降華

忘れないで・・・

ー・−・−・−・−・−・−・−・−・−
この写真は友人が贈ってくれた一枚です。
言葉を添えて見たくてお願いして頂きました。
| 夢想華 | 夢想華の詩 | 16:27 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:27 | - | - |
(返詩)
月満ちる夜、天に願いをしたのです。
私にも美しい華をお与えくださいと。
桜や牡丹のような美しい華を夢見て。

きっと天罰が下ったのでしょう。
過ぎたる願いは廻りの歯車を狂わせ
世界のバランスさえも失い兼ねないと。
私の愚かな希望は日の出共に解けて往く
貴方に見つけられず、ひっそりと。

だけど私は幸せです。
はかなくても美しい華を咲かせられたから。
他の花達のように長くは咲けないけれど幸せでした。
私の姿に気づいてくれる人を見つけられたから。

PS:素敵なポエムありがとう。
この霜降華の様に今は夜明けと共にひっそりと心の華も閉じてゆくだけ。
夢想華さんの以前書かれた、ポセインチアの詩(うた)も決意の固さが潔くてを好き。
また機会があればブログに乗せてください。

from「クロネコ。のしっぽ」管理者takeru

<追記>
夢想華さんのように優しい心の人が増えていったなら、世界はもっと争いや災いが少なくなると思うのです。
| takeru | 2007/01/28 6:29 PM |
| takeru | 2007/02/03 4:13 AM |
蕾みをもてても咲けずに終わる花もある。
一瞬でも咲けるならそれも幸せ。

素敵な返詩をありがとう♪

「ポセインチア」は、CATEGORIES の花言葉の中にあります。
表示件数を増やしましたので見れます。

覚えていてくれて、ありがとう♪
| 夢想華 | 2007/01/29 2:59 PM |
| 夢想華 | 2007/02/03 4:15 AM |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE