夢想華のひとりごと

   夢を想い咲かせる華を言の葉にのせて綴ります。
   現在、過去、未来、時々の夢想華の心に生まれた「声」ひとりごと。
   日々眼に飛び込んでくる光景、ときに切なく、ときに ほのぼのと
   はっ!としたり、ほっ!としたり、ほろりとしたり。
   あなたの心に響き、届きますように。

   ☆私が今、こう在りたいとの願いのような言葉を見つけました☆

   神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に
   変えられることは変える勇気と、そしてそのちがいが分かるだけの
   知恵をお与え下さい。        【マイケル・J・フォックス】

                       2004.08.28 Saturday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
優しき雨音
眠れず迎えてしまった
夜明け前
聞こえてくるのは
しとしととそぼ降る雨音

静かに 静かに
ひと粒 ひと粒
ぽた ぽたと地上に
吸い込まれてゆく

冬薔薇の棘に巻かれ
身体についてしまった
無数の小さな傷を
癒してくれているのだろうか

無意識に耳を澄まし
聞き入るわたし
針の穴のような傷
埋めるように沁みこむ

もう何も考えずに
ゆっくりとお休み
と、子守唄のように
眠れり与えてくれる雨音

魔法の媚薬のように・・・
| 夢想華 | 夢想華の詩 | 05:56 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:56 | - | - |
春先の雨はとても静かで香りもよく
心を癒してくれますね。

時折、気まぐれな強い風は
新しい時の訪れを予感させてくれますね。

ゆっくりおやすみ。
僕も新しい季節の訪れを楽しみに眠ります。
| takeru | 2007/02/18 11:14 PM |
今日はいきなり冬に戻ってしまい冷たい雨が。。。

昨日は私の好きな春の香り「沈丁花」が、
あっと言う間に五部咲きでした。
その近くの満開の梅の木には鶯が。。。

そして今日の子守唄。
やっと、眠りに就けた直後、早起きの
鶯の囀りに起こされてしまいました。

その春告げの歌を聞きながら再び
夢の中へと。。。
| 夢想華 | 2007/02/20 1:49 PM |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE