夢想華のひとりごと

   夢を想い咲かせる華を言の葉にのせて綴ります。
   現在、過去、未来、時々の夢想華の心に生まれた「声」ひとりごと。
   日々眼に飛び込んでくる光景、ときに切なく、ときに ほのぼのと
   はっ!としたり、ほっ!としたり、ほろりとしたり。
   あなたの心に響き、届きますように。

   ☆私が今、こう在りたいとの願いのような言葉を見つけました☆

   神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に
   変えられることは変える勇気と、そしてそのちがいが分かるだけの
   知恵をお与え下さい。        【マイケル・J・フォックス】

                       2004.08.28 Saturday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ひとことが言えなくて



言いたいこと
ひとつも言えなかった
いつもそう
愛を失って後悔する

昼下がり
一杯の珈琲で寛ぐ
わたしの直ぐ横で
言い争っている男と女

なんて羨ましい光景
言い合えるって事は
或意味、信頼関係が
無ければ成り立たない

ん?ちょっと違うかな
まぁ細かい事はいい

互いに思った事を
ぶつけ合い
クリアー出来れば
互いの信頼も深まる

解決出来なければ
別れと言う結末が
待っているのかも
知れない

何れにせよ
本音で喧嘩出来るって
わたしの眼には
羨ましき光景なのだ

恋愛に限らず
わたしに生きかた総て

後悔先に経たずの
言葉の如くわたしは
心をぶつけ喧嘩出来る
相手に巡り逢えなかった

いいえ違う
逢えなかったのでは無い
本当は出逢っていたのに
別れに繋がると思い込み

何でもないような
たったひとことを
聞けなかったわたしが
臆病者だっただけの事

ほんの些細なひとこと
あなたに向かって
口に出して
言えなかっただけ

過去った時間は帰らない・・・

| 夢想華 | 夢想華の心 | 04:17 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 04:17 | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE