夢想華のひとりごと

   夢を想い咲かせる華を言の葉にのせて綴ります。
   現在、過去、未来、時々の夢想華の心に生まれた「声」ひとりごと。
   日々眼に飛び込んでくる光景、ときに切なく、ときに ほのぼのと
   はっ!としたり、ほっ!としたり、ほろりとしたり。
   あなたの心に響き、届きますように。

   ☆私が今、こう在りたいとの願いのような言葉を見つけました☆

   神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に
   変えられることは変える勇気と、そしてそのちがいが分かるだけの
   知恵をお与え下さい。        【マイケル・J・フォックス】

                       2004.08.28 Saturday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
傀儡
手も
足も
それから
心も

天から垂れ下がった
見えない糸に繋がれ
自由を奪われたかの如く操られ
思うように事が運べない

右へ往きたいのに
左へとこの身は曲がる
前へ進みたいのに
身返り後退してしまう

いつから
こんなふうに
どんな傀儡(かいらい)に
囚われてしまったのだろう

わたしは
わたし
誰かの人形
なんかじゃない

手も
足も
そして
心も

わたし、だけのもの
| 夢想華 | 夢想華の心 | 15:27 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:27 | - | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE