夢想華のひとりごと

   夢を想い咲かせる華を言の葉にのせて綴ります。
   現在、過去、未来、時々の夢想華の心に生まれた「声」ひとりごと。
   日々眼に飛び込んでくる光景、ときに切なく、ときに ほのぼのと
   はっ!としたり、ほっ!としたり、ほろりとしたり。
   あなたの心に響き、届きますように。

   ☆私が今、こう在りたいとの願いのような言葉を見つけました☆

   神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に
   変えられることは変える勇気と、そしてそのちがいが分かるだけの
   知恵をお与え下さい。        【マイケル・J・フォックス】

                       2004.08.28 Saturday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
時の過ぎ往くままに
時は休む事無く
刻一刻と容赦なく流れ往く

過去に縛られ
未来に夢を抱けず
現在(いま)虚しさに支配され
ただ、ただ、
流れ往く時の波間を
虚ろにたゆたう こころ

充実感も見出せず
これで良いわけはない
と、片時も
脳裏から離れることのない
虚脱感に苛まれ
それでも呼吸するこの身

わたしは何をしてるのだろう
日々、自問自答の繰り返し

時の過ぎ往くままに・・・
| 夢想華 | 夢想華の心 | 14:49 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:49 | - | - |
時の過ぎ往くままに
ごぶさたしております。
お元気でなによりです。

今年の終わり頃に、僕の詩集ができるかもしれません。
もしできましたら、送らせていただきますね。
不思議なもので、僕が詩を書き始めた頃、つまり
夢想華さんたちと「森」をしていたころの作品がおおいです。
ときどき、森のことなど楽しく思い出しています。
| ふくろう | 2007/07/26 12:09 AM |
こちらこそ ご無沙汰しております。
ふくろうさんの工房は、毎日のように覗いてます。
わたしには想いも因らない発想の言葉たち。
いつも乍、すばらしいなぁ〜と読ませて頂いてます。

そうですか、待ちに待った詩集が出来る(かも?)ですか。
そこには懐かしい「森」の言葉たちが詰まっている。
たとえでも、もしでも、今からとても楽しみです^^

わたしも森のことは、忘れた事はありません。
もしも、森が無かったら。。。
もしも、ふくろうさんに出逢って無かったら。。。
わたしが、こうしてパソコンの中に存在?する事も
無かったと今でも思ってます。
これからも宜しくお願いします。
| 夢想華 | 2007/07/26 4:26 AM |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE