夢想華のひとりごと

   夢を想い咲かせる華を言の葉にのせて綴ります。
   現在、過去、未来、時々の夢想華の心に生まれた「声」ひとりごと。
   日々眼に飛び込んでくる光景、ときに切なく、ときに ほのぼのと
   はっ!としたり、ほっ!としたり、ほろりとしたり。
   あなたの心に響き、届きますように。

   ☆私が今、こう在りたいとの願いのような言葉を見つけました☆

   神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に
   変えられることは変える勇気と、そしてそのちがいが分かるだけの
   知恵をお与え下さい。        【マイケル・J・フォックス】

                       2004.08.28 Saturday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
十三夜



もうすぐ十五夜
お月見だ

山のうさぎも
里のわらしも
てんやわんやの
十三夜

やれ、
餅はつけたか
団子はできたか
ススキは飾ったか

夜空にぽっかり
お月さま
そんな下界の様をみて

ふんわり
やさしく

微笑んだ
| 夢想華 | 四季移ろいの詩 | 04:28 | comments(3) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 04:28 | - | - |
優しそうなお月様と雲、
むずかしいのによく撮れていますね。

10月になって、やっと自分の詩集の編集を
はじめました。
売れたり詩壇に褒められたりという希望は全くありませんが、誰かにきっと伝わるという希望を失わず、
一生に一冊だと思ってがんばりますね。
| ふくろう | 2007/10/03 12:08 AM |
いよいよ編集段階に入ったのですね。
ふくろうさんの詩も楽しみですが、
本の装丁も楽しみにしてます。
| 夢想華 | 2007/10/07 1:43 PM |
お月様・・・
影のようでちゃんと自分を主張してる
私にはそんな感じがします

影は影で想う事や悩む事があるんですけど、
所詮は陰の身・・・
太陽にはなれないのでしょうか・・・

明るいお月様もあれば暗いお月様もある
どうせ影なら明るいお月様でいよう
心は晴れないけれど・・・

おやすみなさい
| K | 2007/10/19 1:58 AM |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE