夢想華のひとりごと

   夢を想い咲かせる華を言の葉にのせて綴ります。
   現在、過去、未来、時々の夢想華の心に生まれた「声」ひとりごと。
   日々眼に飛び込んでくる光景、ときに切なく、ときに ほのぼのと
   はっ!としたり、ほっ!としたり、ほろりとしたり。
   あなたの心に響き、届きますように。

   ☆私が今、こう在りたいとの願いのような言葉を見つけました☆

   神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に
   変えられることは変える勇気と、そしてそのちがいが分かるだけの
   知恵をお与え下さい。        【マイケル・J・フォックス】

                       2004.08.28 Saturday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
刻々と
死んでしまった
時は
幾ら呼んでも
還ってはこない

はらり
と、
散った葉が
梢に
戻れぬように

蕩々
と、
流れゆく水が
源に
還らぬように

ひたひた
と、
降り注ぐ雨粒が
天に
上(のぼ)らぬように

一度(ひとたび)
流れ死んだ時は
永遠に
繰り帰されることはない

時は
その与えれた
定め冒すことなく
刻々と過ぎて往く

留まることなく

刻、刻々と

| 夢想華 | 夢想華の詩 | 14:36 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:36 | - | - |
お元気ですか?

刻々と時間が過ぎてゆく中、
詩集の見本刷りがやっと手にできました。
待っただけあって、気にいってます。
この土曜日に正式なのが家に来ます。
あと専用の封筒を印刷会社に頼んでますので、
こちらもまだ刷り上がってませんが、
せっかくですから、それに入れて送りますね。

夢想華さんの、愛読書になればいいなあ♪
| ふくろう | 2007/11/30 12:19 AM |
パソコンが入院してたので、
コメントへの返事が遅れました^^;

先週ちゃんと受け取りました。
ありがとうございました。

ふくろうさんの想い入れが感じれれる封筒も
とても素敵なデザインですね。

新たな愛読書として大切に読ませて頂き、
詩集の感想は後程お邪魔して書かせて頂きます。
| 夢想華 | 2007/12/15 1:53 PM |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE