夢想華のひとりごと

   夢を想い咲かせる華を言の葉にのせて綴ります。
   現在、過去、未来、時々の夢想華の心に生まれた「声」ひとりごと。
   日々眼に飛び込んでくる光景、ときに切なく、ときに ほのぼのと
   はっ!としたり、ほっ!としたり、ほろりとしたり。
   あなたの心に響き、届きますように。

   ☆私が今、こう在りたいとの願いのような言葉を見つけました☆

   神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に
   変えられることは変える勇気と、そしてそのちがいが分かるだけの
   知恵をお与え下さい。        【マイケル・J・フォックス】

                       2004.08.28 Saturday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
たおやかな刻の中へと
今宵は月夜間
満月に照らされた
凪の海原
すぅっと滑る
小船のように
穏やかなこころ

いま思えば
何をそんなに
悩んでいたのだろう

プツン
と、音をたて
突然何かが弾け跳んだ

なんだったのだろう

張り詰めていた神経
だろうか
突っ張っていた意地
だろうか
捨てきれなかった見栄
だろうか

何れにしろ
プツンと音をたて
この眼には映せぬ
翳が弾けたのは
紛れも無い事実

だったのではなかろうか

いつまた荒波に
飲み込まれるやも知れぬ
不確かな旅立ち
未知への航海

いま、月灯りの下(もと)
刻まれ往く
たおやかな刻の中へと
この身誘われ

たゆたい 眠る。。。
| 夢想華 | 夢想華の詩 | 13:07 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:07 | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE