夢想華のひとりごと

   夢を想い咲かせる華を言の葉にのせて綴ります。
   現在、過去、未来、時々の夢想華の心に生まれた「声」ひとりごと。
   日々眼に飛び込んでくる光景、ときに切なく、ときに ほのぼのと
   はっ!としたり、ほっ!としたり、ほろりとしたり。
   あなたの心に響き、届きますように。

   ☆私が今、こう在りたいとの願いのような言葉を見つけました☆

   神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に
   変えられることは変える勇気と、そしてそのちがいが分かるだけの
   知恵をお与え下さい。        【マイケル・J・フォックス】

                       2004.08.28 Saturday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
夏から秋へ
夏が終わりを
告げるとき
楽しさ もの悲しさ
背中合わせだけれど

夏が育てた秋への贈り物
いっぱい残していく
果実 穀物
実りの秋へと

たくさんの色づいた葉で描く
秋いろ錦織
いちょう かえで ななかまど
人々の目を楽しませてくれる

樹々が降らしてくれる木の実
どんぐり ころころ。。。 
まつぼっくりが あったとさ・・・
と 子供達を楽しませてくれる

季節 移り往くとき
それぞれの終わりに
寂しさ ちょっぴり
付き纏うけれど

繰り返し 繰り返し

人生 恋に 愛に
始まりや終わりが在るように
季節もまた
繰り返されるていく

新たなる出逢い
旅路へと
望みの糧を残して

繰り返し 繰り返し

| 夢想華 | 四季移ろいの詩 | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:00 | - | - |









http://snoopy101.jugem.jp/trackback/43
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE