夢想華のひとりごと

   夢を想い咲かせる華を言の葉にのせて綴ります。
   現在、過去、未来、時々の夢想華の心に生まれた「声」ひとりごと。
   日々眼に飛び込んでくる光景、ときに切なく、ときに ほのぼのと
   はっ!としたり、ほっ!としたり、ほろりとしたり。
   あなたの心に響き、届きますように。

   ☆私が今、こう在りたいとの願いのような言葉を見つけました☆

   神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に
   変えられることは変える勇気と、そしてそのちがいが分かるだけの
   知恵をお与え下さい。        【マイケル・J・フォックス】

                       2004.08.28 Saturday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
白鷺
あの日も飛んでいた
そう、別れの朝

彼は何事も無かった
かのように眠っていた

私は、まんじりとしながら
夜明けを待っていた
眠れぬ身体をベランダに置き

ただ ただ
最後の朝を待ち
夜空に話かけていた

空が静寂から覚めるころ
二羽の白鷺が
視界に飛び込んできた

広い 広い空間を
誰、憚れる事なく
自由に 自由に飛びかっていた

私もこの白鷺城の在る町で
羽ばたける
と信じていたのに皮肉なものね

二羽の白鷺がこんなにも
羨ましく見えた事はなかった

今、私の街
東京の真ん中を流れる川にも
白鷺が訪れる

忘れたくも白鷺が
私の記憶を否応なしに呼び

覚ます
| 夢想華 | 夢想華の恋 | 02:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:40 | - | - |









http://snoopy101.jugem.jp/trackback/54
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE