夢想華のひとりごと

   夢を想い咲かせる華を言の葉にのせて綴ります。
   現在、過去、未来、時々の夢想華の心に生まれた「声」ひとりごと。
   日々眼に飛び込んでくる光景、ときに切なく、ときに ほのぼのと
   はっ!としたり、ほっ!としたり、ほろりとしたり。
   あなたの心に響き、届きますように。

   ☆私が今、こう在りたいとの願いのような言葉を見つけました☆

   神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に
   変えられることは変える勇気と、そしてそのちがいが分かるだけの
   知恵をお与え下さい。        【マイケル・J・フォックス】

                       2004.08.28 Saturday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
暇乞い
パチン パチンと枝刈る
秋の音
その音に運ばれ香るは
草木の
プゥーンと鼻かすめる青臭さ
冬支度

冬はもう そこまで来ています

カサ カサカサと乾いた
秋の音
その音にふと目をやれば
そこには
風と戯れ転がる色とりどりの
落ち葉たち

冬は もうそこで待っています

私ももうそろそろお暇を
と、
名残惜しそうに囁いた秋
別れを告げ
背を向け去っていった
さようならまたねって

冬にバトンを渡し
カサ カサカサ カサ カサ カ サ・・
| 夢想華 | 四季移ろいの詩 | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:31 | - | - |









http://snoopy101.jugem.jp/trackback/77
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE