夢想華のひとりごと

   夢を想い咲かせる華を言の葉にのせて綴ります。
   現在、過去、未来、時々の夢想華の心に生まれた「声」ひとりごと。
   日々眼に飛び込んでくる光景、ときに切なく、ときに ほのぼのと
   はっ!としたり、ほっ!としたり、ほろりとしたり。
   あなたの心に響き、届きますように。

   ☆私が今、こう在りたいとの願いのような言葉を見つけました☆

   神様、自分では変えられないことを受け入れる平静さと、自分に
   変えられることは変える勇気と、そしてそのちがいが分かるだけの
   知恵をお与え下さい。        【マイケル・J・フォックス】

                       2004.08.28 Saturday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「さくらんぼ」 詩友みかさんの詩です。
何もなかった場所に二つの実が実り
あなたと私
距離など関係なく
ずっと過ごしてきたね
暖かな温もりがどんな風にも落ちることなく
人目につかない場所でそっと
「二つの実」

トントン・・・
私がぶつかるとあなたは笑顔で
あなたがぶつかると私は真っ赤に

もうひとつ実が実ってるのかな?
触合いが少なくなる二つの実
あなたが今度私を
真っ赤にしてくれる日迄そのままでいよう

3つ目の実にひきよせられぬように
私が今出来る事なんだろう
本当はあなたの知らない場所で私達つながっているんだよ
3つ目のさくらんぼさんわかって・・
早く気がついて
実らぬように

私の心の証
涙という肥料が2つの暖かなさくらんぼを
落ちて離れ離れにならないように
守って下さい

あなたが未だ出会った日のままの
気持ちでいてくれるのなら・・・

言葉で言えない想い、あなたに届けます

”真っ赤なさくらんぼ二つで一つだよ”

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

マンリョウの赤い実のコメントに寄せて心を詠ってくれました。
みかさん、ありがとうございました。

| みか | 2004/12/10 2:17 PM |
| 夢想華 | Dear friends' poetry | 04:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 04:53 | - | - |









http://snoopy101.jugem.jp/trackback/96
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE